読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の頭の中~文房具ライターの秘密~

文房具ライター:猪口文啓の頭の中(考えたこと、考えていたこと、秘密にしていたことを紹介します)

「幸せな人」は、どこにいても幸せです。そうでない人も、同じです。

f:id:fumihiro1192:20161106194449j:plain

 

幸せな人は、どこにいてもどんな境遇に遭っても「幸せ」です。そして、そうでない人は、どんなにあがいても「不幸せ」。この違いは一体どこからくるのでしょうか?この謎を解き明かせば、「幸せ」のメカニズムがわかると思われます。

 

そのメカニズムがわかれば、ある程度自分で「幸せ」のコントロールが出来るようになるはずなので、みんなの「幸せ」度合いが変わってくるのではないかと考えています。こんな簡単なことなのに、なかなか辿りつかないのは何でなのでしょう?

 

今日はこの問題について考えてみることにします。

 

 

僕はどうして「幸せ」なのか?

 

簡単に考えてみると、どうして僕は「幸せ」なんだろうか?まず、ここから始めたいと思います。ある程度の幸運もありますが、一定レベルの生活をさせてもらっていて「満足」しているからそう感じているのだということがわかります。

 

同じ境遇でも「満足」さえすれば「幸せ」につながります。「満足」のハードルが低ければ低いほど「幸せ」に近づくということがよくわかります。簡単に事例をあげると、1日500円の生活費でも「満足」すればそこに「幸せ」が生まれます。

 

やたら周囲と比較して、自分で勝手に決め込んだ基準と比較して、「私は全然ダメ」と決めてしまう人が多いですが。そういう人は益々「満足」から遠ざかってしまうので、永遠に「幸せ」にたどり着くことが出来ません。これは辛いですよ。

 

 

「幸せ」の定義付けと見直しが必要だ。

 

何が「幸せ」で、何が「不幸」なのか決めておきましょう!ここ大事です。

 

例えば「お金はあればあるほど良い!」みたいな定義付けだと、一生不安と戦い続けなくてはなりません。きりがないからです。10億円持っていても、それでは飽き足らず運用の利益がどうなっているのか心配で眠れないのと同じです。

 

あなたの「幸せ」は一体何ですか?

 

「家族と過ごす時間」「結婚すること」「子供を産むこと」「お金を貯めること」色々あると思いますが、そういうことが目標になると、いつかプツンと切れてしまいそうな不安感はありますね。やはり自分と向き合うことが大事です。

 

楽しく元気に生きて行くためには何を目標にしたらいいんでしょうか?

 

やはり「自分」と戦うしかなさそうですね。

ここの部分は追々向き合っていきましょう。

 

 

合わせて読みたい「僕の頭の中」のブログ記事。

 

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp