読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の頭の中~文房具ライターの秘密~

文房具ライター:猪口文啓の頭の中(考えたこと、考えていたこと、秘密にしていたことを紹介します)

短編映画「世田谷ラブストーリー」で展開される男女の駆け引きについて考察する。

 

今日は雪に閉じ込められているので、静かに自分で珈琲を淹れて朝から何杯も飲んでます。美崎栄一郎さんのfacebookのタイムライン流れてきた短編映画「世田谷ラブストーリー」を観ました。男性視線の面白い映画でした。

 

この中で主人公が「今までで一番笑った話をしてよ!」と女性にリクエストされるシーンがあります。こういう無茶振りを最近の女子は平気でしてくるので、僕たちのような草食系男子は備えなくてはなりません。

 

「え?お前は備えているのか?」意外に備えています。キレはないですが…

 

僕がここ数年で一番笑った話をここに掲載しておきますね。

 

人間は「ゴキブリ団子」では死なないと言う話。

 

僕たちは、ばあちゃんに集められた。大事な話があるので、聞いておくようにということだった。ばあちゃんの前には何やら美味しそうな色の薄いチョコ的な感じのものが、銀紙のカップにいれて小分けしておいてあった。見た目はチョコそのものだった。

 

ところが、その正体は「ゴキブリ団子」だった。最近は聞かなくなったが、それはゴキブリの駆除用に開発されたホウ酸を主成分とした毒だった。最近、田舎の台所に出現するゴキブリ駆除のために、ばあちゃんが作ったものだった。

 

「お前たちは馬鹿だから、チョコだと思って食べてしまうかもしれない。だから言っておくとこれはゴキブリ団子だ。食べたら死ぬ。間違ってもつまみ食いすることは無いように!10個作ったから食べたらすぐにわかるよ!絶対に食べるなよ!」

 

こんな風に念押しされた。僕は心の中で「誰がこんな薄い色のまずそうなものを食べるんだ?」そんなことのために集められてとても迷惑していた。でも、その瞬間ばあちゃんが「あれ?9個しか無い!」と叫んだのだ。

 

「誰だ?ゴキブリ団子を食べたのは?」と、ばあちゃんが大きな声を出すと、「わぁ〜!」と叫び声を上げながら、のけぞって倒れた人がいた。それは、じいちゃんだった。密かにつまみ食いをして口に入れ、周囲にばれないように咀嚼していたのだ。

 

じいちゃんは、少量食べてしまったようだが死ななかった。さらに、その事件が起きて10年位経過するが、まだ生きている。人間はゴキブリ団子では死なないと証明したのだ。食べたら死ぬというのは誇張表現だったことを身を持って証明した。

 

しかしあれだけ「つまみ食いする奴は馬鹿だ!」と、ばあちゃんに言われたのにもかかわらず敢行したじいちゃんの地位は落ちた。どうして食べたのか、後日確認してみると「美味そうだったから、つい口に入れてしまった」と自供した。

 

以上が、我が家のお笑いストーリーである。色褪せてしまったので、あまり面白く無いが、正月に家族が集まると必ずこの話になる。こういうネタをしっかり持って生きていきたいとおもいます。

 

 

合わせて読みたい僕のブログネタ。

 

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp