読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の頭の中~文房具ライターの秘密~

文房具ライター:猪口文啓の頭の中(考えたこと、考えていたこと、秘密にしていたことを紹介します)

「さかだち」することに意味はあるのか?

僕は「さかだち」が出来なかった。運動神経がなかったからである。

そもそも何のために「さかだち」するのか・・・わからない(^^;)

そんなことするくらいなら、普通に歩いたほうが何倍も素晴らしい。

 

何度か「さかだち」を試みた。当たり前だが、体育の時間にも試みた。

体育の先生は僕が「さかだち」にトライする姿をみて大笑いした。

そのくらい、「さかだち」に遠いトライの仕方だったみたいだ。

 

僕の従弟が、よく三転倒立という芸を見せてくれた。

頭を使ってさかだちする技だ。僕は自分でやろうとは思わなかった。

冷めた目で、従弟の顔が時間の経過とともに赤くなる様子を観察していた。

 

f:id:fumihiro1192:20141118225428j:plain

しかし、「さかだち」を編み出した人は何をしたかったのだろう?

本当に不思議に思う。視界はさかさまで低くなり、走ったり出来ないし、

猛獣に襲われたらイチコロなのに「さかだち」に没頭する様は滑稽でもある。

 

女性にもてたいからということも考えにくい。

僕は長いこと生きているが、好きなタイプの男性像に

「さかだち」が出来る人と答える女性を知らない。多分いないのだろう。

 

どうして「さかだち」が脈々と人類の歴史の中で受け継がれているのだろう?

やっぱり、そこが知りたい。なぜ、生まれたかを知って吹聴したい。

きっと、「そんな馬鹿なことのためにあったのか!」となるのがオチだが・・・(笑)

 

なぜか、わくわくしてきた♪