読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の頭の中~文房具ライターの秘密~

文房具ライター:猪口文啓の頭の中(考えたこと、考えていたこと、秘密にしていたことを紹介します)

僕は3回も幽霊を目撃した!という話。

僕は3回もリアルに幽霊を目撃した!

霊感は全くない、時々”妖怪アンテナ”が立っているように見えるが寝癖だ。

そんな僕の目撃談をつらつらと書かせていただきます(^^)

 

最初は、ひいばあちゃんの死んだ日だった。

「明日は学校休むんだよ。そいで朝5時に起きて葬式に行くからね!」

お袋にそんな風に言われて早々に寝た。

 

ふと、目を覚ますと僕と弟の間に男の子が寝ていた。従弟のTちゃんだ。

この角刈りは良く知っている。僕は何度も頭を触って、確かめた。

「でも、なんでここに寝てるのかな?」と思いながら寝た。

 

次の日、Tちゃんは跡形もなく消えていた・・・

お袋に「Tちゃんは?昨日隣で寝ていたんだよ。」と言ったが無視された。

葬式にいくと、Tちゃんがいた。もちろん、泊りに来てないと言った。

 

f:id:fumihiro1192:20141124213043j:plain

2回目は、高校の夏休みの寝苦しい夜だった。

部屋のドアのところに親父が立っていた。何も言わずにずっと立っていた。

「何が言いたいのだろう?」眠たかったので放っておいた。

 

しばらくしてから、もう一度見ると親父が暗いオレンジ色に光っていた。

「まじ!」びっくりして起き上がろうとしたが、動けなかった。

おいおい・・・オレンジの親父がこっちに向かって突進してきたぞ!

 

それは僕のお腹を踏んで網戸を通り抜けて外に出て行った。

お腹を踏まれて、僕は「うっ!」と声をあげて飛び起きた。

それから怖くて朝まで眠れなかった。

 

3回目は家族で旅行に行ったときのことだ。部屋に入るなり、嫌な予感がした。

窓の位置が以上に高くて、ちょっと不思議な感覚だった。

その日の夜、僕は”金縛り”にあった、

 

夜中に目を覚ますと体が動かなかった・・・「金縛りだ!」初体験だった。

左腕に黒いお地蔵さんみたいな塊が乗っていた。

こいつのせいだろうけども、全く動けなかった。辛くてもがいていた。

 

気が付くと朝だった。嫁に金縛りにあって、腕に乗っていた地蔵の話をすると

嫁もよく眠れなかったらしい。子供に乗り移ったりすると危ないので

早々にチェックアウトした、そのホテルには二度と行っていない。

 

霊感のない僕でも3回幽霊を見ている。

きっと、読んでくれている皆さんは何十回も見ているに違いない。

そんな体験談を機会を見つけて教えてくださいね~