読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の頭の中~文房具ライターの秘密~

文房具ライター:猪口文啓の頭の中(考えたこと、考えていたこと、秘密にしていたことを紹介します)

僕は「法則」で生きている!

思い

「どちらか好きな方をどうぞ!」

こんなこと急に言われて迷ってしまうこと、ありませんか?僕は優柔不断な性格なので全く決めることが出来ません。そんな僕が採用しているのが「決めておく」という事です。最初から選択するものを決めておけば迷う事がありません。

迷わないと、カッコよく生きることが出来ます(笑)本当です。みなさんも是非試してみてくださいね。迷っている時間ってロスなんですよね~そのロスしている時間を有効に使えるだけで得した気分です。

決めるのはこの2つだけ。「ラッキーカラー」「ラッキーナンバー」僕の場合は「赤色」と「6」です。皆さんも経験上ラッキーな巡り合わせをしてくれる色と数字を持っていますよね。

不二貿易 グラス ドリンキング ゲーム (ルーレット) 22286

僕はこう選択します。

意味は長くなるので書きませんが、色の選択なら「赤」、番号の選択なら「6」、二者択一ならば「左」を選びます。結果はそれほど良くはないですが、迷って結果が出ないよりははるかにマシです。

これは迷う事を排除しようと考えた結果編み出した技です。僕が排除しようとしたことはこの3つです。

  1. 迷うこと
  2. 探すこと
  3. 悩むこと

どれもいたずらに消耗するるだけで生産性は皆無です。もしやっているならば即やめましょう。絶対にやめるべきです!

法則は進化していく

実はこの法則は恐ろしいほどのスピードで進化して行きます。僕は「今日は〇〇をやりたいので服はこれで行こう」「明日は〇〇なので、10時に寝よう」とかいうことになるのです。僕は「法則」に従って生きてます。結構真面目にやってます。

これを繰り返すと何が出来るようになるかというと「人生の軌道修正」が出来るようになるのです。まずい方向に足を踏み入れてしまったときに、さっと引き返すことが出来るようになります。

自分が調子のいい時は法則通りに動いてみる。調子の悪い時には法則の逆を行ってみる。これは効き目ありますよ。ぜひぜひ、真似してみてくださいね。法則が進化して行けば更なるステージも見えてきますよ。