読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の頭の中~文房具ライターの秘密~

文房具ライター:猪口文啓の頭の中(考えたこと、考えていたこと、秘密にしていたことを紹介します)

僕の嫌いなことベスト3を発表します!

僕の嫌いなことベスト3を発表します。誰にでも「嫌いなこと」ありますよね~

痛いとか、辛いとか、苦しいとか・・・そうではなくて、

ちょっと変わった僕の嫌なことを記録しておきます(^^)

 

第一位

「郵送されてきた封筒をビリビリと開封すること」

どうしてハサミやカッターを使って開封しないのか?常識を疑います。

ビリビリの封筒の断面を見るのも嫌です。

 

ここは譲れなくて、よく嫁さんとケンカになりました。

「どうして綺麗に開封しないんだ!」「どうせ捨てるんだよ!」

結婚して20年ほど経過してやっと分かり合うことが出来ました。

 

第二位

「納豆のネバネバが箸に付着して、他のものを食べようとすると滑る状態」

僕は、長いこと納豆が嫌いでした。どうして食べるのか理解できませんでした。

ところが、今は全然平気です。

 

しかしながら・・・箸にネバネバが付くことだけは許せないのです。

そして、その許せないことに加えて掴もうと思った目標物がつるりと

滑ったりすると自分が許せなくなるのです。

 

この気持ちわかりますよね?「どうして納豆のためにこんなことに・・・」

と、自分を責めてしまうのです。なるべく、海苔などを介在させて

このトラブルを回避するようにはしております(笑)

 

第三位

「ホッチキスの針を取ろうとして、紙が破れること(破くこと)」

ホッチキスは上手に針を外せば破れることはありません。

裏のクリンチ面を元に戻して、慎重に外すのです。

 

ところが・・・世の中には無神経な人が多くて

平気で紙を破ったり、力任せに針を外したりするのです。

どうしてなの?僕はそういう人に聞きたいです。

 

「郵送されてきた封筒をビリビリと開封すること」

「納豆のネバネバが箸に付着して、他のものを食べようとすると滑る状態」

「ホッチキスの針を取ろうとして、紙が破れること(破くこと)」

 

このささやかな「嫌なこと」を周囲の皆さんの協力も仰ぎながら

全国から撲滅させていきたいと思います!

 

僕の大好きなホッチポンを紹介させていただきます(^^)

これはホッチキスの針をとる最高の文房具です。

ぜひぜひ、おススメいたします♪