読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の頭の中~文房具ライターの秘密~

文房具ライター:猪口文啓の頭の中(考えたこと、考えていたこと、秘密にしていたことを紹介します)

果物ナイフで刺されなくて良かった!

僕を果物ナイフで刺し殺そうとした人が
人生で三人ほどいる。死ぬかと思った。
強烈な思い出なので書いておく(*^^*)

一人目は、多分弟だったと思う。
1番言われたくないことを、僕が意識的に
言ったので切れて襲いかかって来た。

炬燵に林檎をむくために置いてあった
ナイフを持って間合いを詰めて来た。
だが兄弟だけに話し合いで解決出来た。

f:id:fumihiro1192:20141116110701j:plain
二人目は、高校時代だったと思う。
当時、切れやすい人と付き合っていた。
たまに鞄で殴られたりしていた。

その人に違う女性と一緒に写した写真を
僕の部屋で発見されてしまった(ーー;)
すぐに襲いかかって来た。

まあ、なるようになればいいや・・・
と開き直ったら、切れてしまった。
僕はナイフ女から裸足で走って逃げた。

三人目は、大学時代の彼女だ。
この人も、さらに切れやすい人だった。
僕は平和に暮らすことだけが夢だった。

嫌気がさして、二股になってしまった。
さらに悪いことに彼女がいる時に
もう一人の人から電話がかかって来た。

絶対絶命のピンチに、僕は
「あとは二人で話し合って決めてくれ」
と、近くのキャベツ畑に隠れていた。

数分で泣きながら殺意に燃える彼女が
ナイフを持って「一緒に死ぬ!」と
叫びながら傘もささずに出て来た。

キャベツ畑は見晴らしが良く、すぐに
発見されて、脇腹をナイフが掠めた。
そして雨の中、長い話し合いをした。

この三話ともに、長い話しになる。
また、いずれ詳細を書くしかない。
三回果物ナイフで襲われながらも
まだ生きていて、本当に良かった!(^^)