読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の頭の中~文房具ライターの秘密~

文房具ライター:猪口文啓の頭の中(考えたこと、考えていたこと、秘密にしていたことを紹介します)

【心の病気】リフレッシュ後の出社時に気をつける3つのこと

f:id:fumihiro1192:20170127215711j:plain

 

あえて「心の病気」という表現を使わせていただきますが、気になさらずに!

 

僕もその事情で2週間ほど会社を休みました。一番辛かったのは、休む前です。休むと決めてからは、とても安らかな気持ちで時間を過ごすことが出来ました。さらには、その時間を使って、今後の人生をどう過ごすのか決めることが出来ました。

 

そのために会社を休んだし、投薬もしたので希望は叶ったという感じです。僕は2週間の休みを体と心を休養させで、今後の「自分の運転の仕方」を決めました。のんびり過ごそうとは思いませんでした。その逆の人生になりました(笑)

 

でも、好きな人にだけ会って、好きなことをして、好きなことを発信するという希望は叶っていると思ってます。まだまだ完璧ではありませんが、もう少しブラッシュアップして完成度を高めて行きたいです。僕の好きな人たち、よろしくです!

 

今日は、リフレッシュした後に出社時に気をつけたことを紹介します。

 

1、休んだ理由をなるべく隠さない。

 

仕事に支障が出たり、そこに時間を使われてしまいそうな場合を除いて、基本「心の病気」で休んだことを、なるべく隠さないようにしました。周囲を変えるためです。まずもって周囲の期待を変えないといけないのです。そこ重要!

 

自分のプライドをコントロールする。さらに、そんな自分でも対等に付き合ってくれる素敵な人を見つけ出すためにも、僕は休んだ理由をなるべく隠しませんでした。でも、そのおかげで間違いなく素敵な人だけ残りました。

 

そこは是非真似してみてくださいね。

 

2、「評価」をゼロベースにして気にしない練習する。

 

どうしても人の「評価」が気になってしまうんですよね。でも、ここも練習次第なんです。周囲の「評価」をゼロベースにして、そこを気にしない練習をしましょう。ここは辛いですけれど、そうしないと元に戻ってしまいます。

 

期待に応えるとか、褒めてもらえるとか、僕たちは大好きです。

 

でも、ここに依存しない「自分」を作り上げましょう。出来ますよ!だって、あなたは将来のために会社を休むことを勇気をもって選択したんですから。なんでも練習が必要ですので、ここはコツコツやりましょう。

 

3、見返りを求めずに、人に優しくする、親切にする。

 

うまく説明できないですが、無意味でいいので人に優しくしましょう!

 

嫌な奴のことはスルーする。上司に怒られても流す。嫌味なお客さんのところには行かない。でも、そんな風に生きているとストレスがどんどん減ってきて、今まで使ってきたエネルギーの使い方が変わります。面白いですよ。

 

人生って「離すと入ってくる」とか「投げると返ってくる」とかいう感じの作用反作用の法則に満ち溢れているんです。自分が硬いともろくなる。柔らかいと弾力だ出てくるというようなことなんです。

 

その法則を使ってどんどん発信すると、意外なほど大きくなって「幸せ」が帰ってくるんですよ。そしてそれを続けると、一体誰と付き合っていくべきなのか、理解出来るようになります。ここはオススメです。

 

1、休んだ理由をなるべく隠さない。

2、「評価」をゼロベースにして気にしない練習する。

3、見返りを求めずに、人に優しくする、親切にする。

 

この3つを手始めに実践してみてくださいね。

 

 

 

合わせて読みたい僕のブログ記事。

 

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp