僕の頭の中~文房具ライターの秘密~

文房具ライター:猪口文啓の頭の中(考えたこと、考えていたこと、秘密にしていたことを紹介します)

「大人の心」と「子どもの心」で体調管理

f:id:fumihiro1192:20190130194608j:plain

僕はとても疲れてしまう時があります。原因ははっきりとわかっているのです。そういう時は「大人の心」を使い過ぎたときなのです。今日は、僕の考えてる「大人の心」と「子どもの心」についてブログに書いてみますね。

「大人の心」って、どんな心なんでしょう?これは周囲や家庭に気を配り、バランスよく暮らしていくために気を使うような配慮が出来る心です。ケンカにならないように、気持ち良く過ごせるように頑張る心でもあります。

この心は本来の僕の心ではありません。大人になる過程で身につけた心です。この心を持って組織の調和を図ると褒められて、組織内での地位か上がるので、頑張って身につけてきたものです。でも、これを使うと疲れます。

もうひとつの心は「子どもの心」です。ここに戻ると癒されます。好きな文房具や本をためらいなく購入するときに、僕はこの心に戻っています。心臓が口から飛び出そうなくらいドキドキする心音が聞こえます。

この「子どもの心」に戻っているときに「大人の心」で痛んでいる部分が、充電しなくてはならない電池が回復するように思います。だから、疲れてくると「子どもの心」がふつふつと首をもたげてくるのです。

f:id:fumihiro1192:20190130194611j:plain

そんなわけで、疲れてきたらしっかり「子どもの心」に戻りましょう。そしてストレス発散してまた元の世界に戻ってこればいいのです。僕はもっぱら文房具と本の購入でそのストレスを発散しております。みなさん、いかがですか?

  1. 子どもの心に戻れるネタを準備しておく。
  2. 結構、高額な費用がかかるほうが良い。
  3. そして、周囲にバレても良いものをチョイス。

高級スポーツカーに乗ったり、めちゃめちゃおしゃれしたり、スイーツを存分に食べたり、色々な方法がありますよね。大人になると、案外縛られてしまって自分の時間が確保できなくなる場合が多いのです。そんな人にオススメです。

この「子どもの心」は、ノーベル賞をとるような学者さんでも、学校の先生でも、政治家でも大事にしている人が多いんですよ。僕の隣の席のとても偉い方は、今でも休みになるとプラモデルと作って、ウルトラマンを延々と観ているそうです。

f:id:fumihiro1192:20190130194614j:plain

今週のお題「冬の体調管理」で、書いてみました。

きっとまた書き直すので、今日はこれくらいで

あわせて読んでいただきたい僕のブログ記事です

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

すべては熱量が移動するように考えれば、人生はうまくいくのです

f:id:fumihiro1192:20181027205134j:plain

今日は人生がうまくいくように、どうやって考えるのかという話を書きますね。ちょっと不思議なスピリチュアルな話と思うかも知れませんが、僕が何十年もかかって辿りついた境地の一部を公開しますね。ご参考にしてください。

まず、上の画像を見てください。椅子が置いてありますよね。この椅子に触れているもの、触れる可能性のあるものは3つあります。何かわかりますか?一番わかりやすいものから順番に書いていきますね。みなさんも思い描いてください。

  1. 椅子の脚と床が触れている(事実)
  2. 座ろうとする人の手や臀部が触れる(想定)
  3. この部屋の空気、つまり雰囲気に触れている(感覚)

今日は、こんな話を書き残したくなったのでブログに書きます。僕の覚書みたいなものなので、納得できなかったらスルーしてくださいね。でも、この部分を大事にし始めてから仕事も家庭もうまく行くようになったと思ってます。

それでは、始めますよ。すべてに対して接地部分と温度について書いてます。

椅子の脚が床に触れている

この事実は揺るぎないことのように思えますよね。実際に触れているんですから。椅子の脚と床は間違いなく触れているので、この椅子はしっかりと立ってここに存在しているのです。では、その温度移動はどうなっているでしょうか?

その答えは温度移動なしです。常温で長くそこに置かれていたと仮定すれば両方とも常温、つまり同じ温度ですから温度移動はありません。完全に対等な関係と言えますよね。温度の移動がないということは、「配慮」だけです。

「配慮」って何でしょう?それは、これを引きずったら音が出て使う人が不快に思うかも知れないからゴムのカバーをつけておこうとか、設置する部分を丸くして抵抗を少なくしてやろうとかいった気配りのことです。

座ろうとする人の手や臀部が触れる

この部分は想定ですよね。一体、どんな人が座るんでしょうか?自分の家だったら、だいたい想定できるんでしょうかれど、公共の場所だったら想定出来ないですよね。どこを触られるのか、誰が座るのか想定出来ないけど座るだろうなって感じ。

では、こちらの温度変化はどうなるんでしょうか?それは、もちろんのこと人間の体温の方が高いので、暖かいものから冷たい方に温度が流れていきます。そして、それは同じ温度になるまで続きます。永遠に体温を奪われ続けるのです。

 

でも、ここもコントロールすることが出来ますよね。あらかじめ座布団を引いて温度を奪われないようにしてやったりすれば良いのです。そんな工夫を着ている服も含めて、我々は日常茶飯事的にやっているのです。すごいですね。

この部屋の空気、つまり雰囲気に触れている

最後は感覚の話になるのでわかりにくいかも知れません。空気に触れているって?雰囲気を作っているって?よくわかりませんよね。簡単に言えば、この部屋が100のアイテムで構成されているものであるなら100分の1であるということです。

この100分の1が変わることによって1%の存在であるということです。全部が白なら目立たないのですが、100個のうち1個でも黒だと目立ちますよね。つまり、その分の役割を担って、そこにあるということなのです。構成物なんですよね。

僕がこの部屋の持ち主ならば、僕の好きなデザインの椅子にします。しかしながら、そこがコントロール出来る立場ではないのであれば、調和しない部屋にストレスを感じながら住むことになりますよね。

では、これを人生に置き換えるとどうなるのでしょうか?

熱量が移動するように考えれば、人生はうまくいく

僕はこんな風に考えて、熱量をコントロールしています。

1、椅子の脚が床に触れている(事実)

2、座ろうとする人の手や臀部が触れる(想定)

3、部屋の空気、つまり雰囲気が触れる(感情)

1番の世界は、自分の持ち物でコントロールしていきます。2番の世界は人間関係ですから、やろうとする目的に応じた乗組員選択とその人の持っている熱量から判断して関係を調整します。最後は2番にも通じている3番目の話です。

この部分は経験値で取捨選択をしていきます。この経験値は「運」という言葉に深く関連していて、「運」のコントロールに近いです。1時間隙間時間があったらどうします。寝る人、テレビを観る人、本を読む人、ジョギングする人様々ですよね。

このどうする?という選択の中で何もしないで時間が過ぎるのを待つというのが一番良くないです。自分の進む方向は自分で決めることが大事なのです。この選択で人生なんて、すごいスピードで変わっていきますよね。

僕は迷わず本を読みます。ここで「熱量」の話になるのです。本には書いた著者さんの「熱量」が詰まっています。その温度を純粋にもらえるだけの世界なのです。自分が持っているものを取り上げられることはありません。

もちろん時間は取られますが、それに見合う本をチョイスしておいて、それを読み込みアクションプランさえ作ってしまえば、本当に安い投資なのです。最高の人生を営もうと思ったら、本を読んで勉強して計画をつくればいいのです。

僕はいつも「熱量」を考えています。無駄な熱量の放出や質の悪い熱量の備蓄はしません。その日常コントロールが人生そのものだと言えると思います。わかりにくい話でしたら、またお会いしたときに解説しますよ。気軽にお声がけください。

あわせて読んでいただきたい僕のブログ記事です 

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

がんばらないほうが良い結果が出るのです!

f:id:fumihiro1192:20180526185204j:plain

心屋仁之助さんがオフィシャルサイトで『★自信があるひとはがんばらない』というブログを書いておられました。とても参考になりましたし、今までの人生で経験則として得たものともマッチしていたので、このブログに書落としておきたいです。

ameblo.jp

このブログの中で心屋さんは、とても丁寧に「頑張らなくても自分は大丈夫だ」という理由を書いて見えるのですが、どうして頑張らなくても良いのか?僕なりの解説で少し噛み砕いてみるようにしますね。どうぞお付合い願います。

僕も昔は闇雲にがんばっていました

実は僕も昔は闇雲に頑張っていたのです。もちろん仕事も勉強もプライベートも同じような労力と時間をかけて、がんばればがんばるだけ幸せになれると信じてがんばっていたのです。振り返ってみると力の入れからが根本的に間違っていました。

振り返るととても恥ずかしい話なのですが、頑張るということと、時間をかけるということが同じ意味であったので、下調べもせずにひたすら穴を掘っていればいつか鉱脈にぶつかって石油王になれるのではないかというような努力の仕方です。

調子よく穴を掘ることが出来ている時には気がつかず順調な生き方をしているように見えるのですが、一度スランプになったり、体調を崩したりすると自分ではどうにもコントロール出来なくなってしまうのがこのタイプの人間の常なのです。

だんだん空が低くなって曇ってくるようになった

たぶん体力の衰えが原因だと思うのですが、調子よく穴を掘り続けることが出来なくなりました。仕事でも、家庭でも行き詰まってしまって深い睡眠をとることが出来ません。ちょっとした物音で起きてしまうので2時間おきに起きてしまう感じです。

そんなことを続けていたら、どんどん空が低くなってきたんです。「あれ?」っと思っているうちに曇りの日が多くなってきて、夢の中でその雲を避けて這うように生活している自分の夢を見るようになりました。そして会社に行けなくなりました。

とにかく精神科に行って診断書を出してもらい薬を飲んでひたすら寝ておりました。その頃はまだブログを書いていなかったので、やることもなく、人間はこんなに寝ることが出来るんだと驚くくらい寝ていたのです。

やみくもに穴を掘ることをやめる方法を見つけた!

やむくもに頑張らない方法を見つけるしか、頑張ることをやめる方法はありませんでした。僕は、この3つの真理を見つけ出して、やみくもに頑張ることをやめました。やめた途端に幸せが向こうからすり寄ってくるようになりました。その3つとは、

  1. 不必要な恐怖を感じないように努力する。
  2. 自己肯定感を大事にして他人に流されない。
  3. 特に人間関係において我慢をしない。

こんな3つのことです。この話はいままでも僕のこのブログの中でしているのでお馴染みになっていると思いますが、実に効果があるんですよ。最初は辛くて苦しくて寂しくて不安な気持ちでいっぱいなんですけど、そこを突き抜けてしまえばいいのです。

はい、この3つの真理を次回レクチャーしていきますね!お楽しみに。

合わせて読んでいただきたい僕のブログです

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

「運」が良い人はこんなことを考えている

f:id:fumihiro1192:20180305204518j:plain

僕は子供の頃に極端に「運」がなかった。それは今考えると、当然僕が負けるんだろうなと考えていたからです。そんな人間に「運」が集まってくるわけないですよね。さらには、負癖がついているので勝てる時にも負ける道を選んでしまうのです。

そして当然のように負けて、やっぱり負けたか!と思っている子供だったんです。本当に良くないですよね。僕は一念発起して「運」のある人間になるために自己改造を始めました。たくさん本も読みましたし、色々な人の話を聞きました。

そうしているうちに年齢を重ね、ずいぶん「運」が改善されたように思います。最近、その秘密を聞きたいという人が多いので、小出しにしてこのブログの中で話をしていきたいと思います。わかりにくい表現もありますが、お付き合い願いますね。

スノーボードやサーフィンで「運」を磨こう!

このタイトルにピンと来る人は相当に感性の高い人です。そんなもんで「運」が磨けるわけないだろう!と、みなさん思いますよね。実は、こういうスポーツがとっても「運」に効くんですよ。なぜだかわかりますか?

それはルールに縛られない環境にあるスポーツだからです。競技としてやるのは、あまり効き目がないのです。大きな波がきて、それに乗って、理想通りの波乗りが出来ると思ったらうまくいかなかった。そういう経験の繰り返しが良いのです。

ルールもなく、さらにはうまくいかないことの連続のチャレンジが「運」を貯めてくれるんです。さらには、そういう環境に対しての自分のスタンスが決まります。そのスタンスの筋が通っていることが、その「運」をさらに強固なものにしてくれるんです。

やろうと思ったことを必ずやる練習をする

「この車、今週洗車しとこう!」「この髪は今月切るぞ!」「このコップすぐに片付けなくちゃ!」そんなようなこと、よく頭をよぎりませんか?僕は結構いろいろなことを考えてしまうので、毎日のように頭に浮かんできます。

そうやって思いついたことを必ずメモに書く癖にしましょう。そして、その書き溜めたものを毎週日曜日に棚卸しして、大型のノートに書いていくのです。そして上から順番にやり遂げて、消し込んでいくだけです。

こんなことしたら周囲から仲間ハズレになってしまうかも!と思うようなことでも、やってみたら、案外簡単にできちゃった。実は世界はそんなようなことで構成されているんです。この反復練習が「運」に効くんですよ。

怖がらない、怯えない、そして同調しない

ここはめちゃめちゃ難しいのですが、怖がらない、怯えない、そして同調しないということです。「意味がわからない?」という方が多いと思いますが、この3つを持っているほとが周囲の運気を吸い取って成長していくのが世の常です。

人間の本能として備え付けられていて、しかもコントロールしにくい部分なんですが、ここを克服すると良いですよ。会社などは一番の練習場所なので、まずは怖がらない練習をしましょう。これが出来ると良いですよね。

これはギャンブルが出来ますか?ということです。多少ギャンブルしないと「運」は掴めないのです。安全路線ばかり走っていても、そこはもう何万人も歩いた道ですから、そんなことをしても「運」はたまらないのです。

わかっていただけましたか?

必殺の面白漫画『ザ・ファブル』を紹介します!

ザ・ファブル(1) (ヤングマガジンコミックス)

最近暇なので漫画を大人買いして自分の部屋で読み漁ることが、何にも代えがたい楽しみになっている。僕に漫画喫茶を経営させてくれるなら、結構良い仕事をするような気がする。でも寂しがりやなのでペットとか飼いたいなぁとか妄想している。

そんな漫画が生きがいの僕が紹介する、恐ろしく面白い漫画が『ザ・ファブル』です。

この漫画は何度読んでも死ぬほど面白い。特に妹役の女の行動は最高だ。最近読んだ漫画の中で群を抜いている。是非是非、読んでもらいたいのでブログに書いておきます。面白さは読んでからのお楽しみです。

 

ザ・ファブル『なにわ友あれ』完結から4ヵ月──。南勝久、新連載銃撃開始ッ!!
鈍色の愛銃ナイトホークを手に、“殺し屋ファブル”が町にやってくる──!!
どんな敵も鮮やかに葬り去る“殺しの天才”通称ファブルは、相棒の女とともに、日々、裏社会の仕事をこなす日々‥‥。
だがある日、ボスの突然の指令を受け、“一般人”として、まったく新しい生活を送るハメに‥‥。
そしてファブルの野蛮で、滑稽で、奇妙な“寓話”が弾け出したッ‥‥!!!

ザ・ファブル 1-12巻セット

あわせて読んでいただきたい僕のブログ

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

 

THIS IS YOUR LIFE. DO WHAT YOU LOVE,AND DO IT OFTEN.

f:id:fumihiro1192:20180102152732j:plain

ニューヨークのHolstee社の有名マニフェストより。
------

これはあなたの人生です。

自分が好きなことをやりなさい。

そして、どんどんやりなさい。

何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。

今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。

時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。

人生をかけて愛する人を探しているなら、それもやめなさい;

その人は、あなたが好きなことを始めたときにあらわれます。

考えすぎるのをやめなさい、人生はシンプルです。

すべての感情は美しい。食事を、ひと口ひとロ味わいなさい。

新しいことや人々との出会いに心を腕をそしてハートを開きなさい、

私たちは、それぞれの違いで結びついているのです。

自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているか聞きなさい、

そして、その人たちにあなた自身の夢も語りなさい。

たくさん旅をしなさい;

道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。

ときにチャンスは一度しか訪れません。しっかりつかみなさい。

人生とは、あなたが出会う人々であり、その人たちとあなたが作るもの。

だから、待っていないで作りはじめなさい。

人生は短い。

情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。


僕は若い頃に真剣に「問題」に取り組めなかったのには理由があると気がつきました。その理由というのは「問題」が、自分の問題になっていなかったことが原因なのです。本当は自分の「問題」なのに、まるでみんなの問題のように構えていたのです。

それはこんな具合です。「問題」があったとしましょう。僕はその「問題」があるということを周囲に触れ回ります。そうすると周囲の人は口々に、その「問題」について評価し始めます。無責任に議論を始めるのです。

そして、周囲にも被害を及ぼしかねない危険な問題については「問題」として取り組んで解決にまで導い入てくれるんです。しかしそうでない「問題」は放置されます。僕はみんなが注目してくれない「問題」は「問題」ではないのだと思ってました。

一体僕は何をすれば良かったのでしょうか?

一体僕はどう対処すれば良かったのでしょうか?

答えは簡単でした。これは自分の人生なのだと自分に言い聞かせて、好きなことをどんどんやる。そして気に入らないことがあれば、それをどんどん変えれば良いのです。人生は短いから「いつかやろう!」なんて思っていないで即座にやれば良かったのです。

とっても簡単ですよね。でも、若い頃の僕はそれが出来なかったのです。

今年は自分の「問題」に取り組みます。そして誰がなんと言おうとも、嫌なことや苦になることをじゃんじゃん改善してまわります。それだけをやります。そうすれば、もっともっとハッピーな未来が待っているはずですから。

あわせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

fumihiro1192.hatenablog.com

水色とオレンジ色と黒い線

f:id:fumihiro1192:20171206222129j:plain

子供の頃には、早く起き出して砂浜で大きな絵を描いて楽しんでいると時間を忘れることが出来た。砂浜は無限なので、普通の画用紙に描く何百倍もの絵を描くことが出来た。本当に便利で優雅な時間だった。夏休みの大半をそうやって過ごした。

無心に砂浜に絵を描いていると不思議な貝殻を見つけた。二枚貝の片割れのような形をしているがとても柔らかかった。そして叩くと固くなって異様な金属音を奏でる今まで見た事のない貝殻だった。僕は弟に自慢したくてポケットにいれて持ち帰った。

家に帰ると、その貝殻はなくなっていた。絶対にポケットにいれたはずなのに探してもなかった。おかしなことがあるものだと思ったけど、あきらめて昼寝をした。でも、妙な耳鳴りがしてなかなか寝付けなくて、さらには悪い夢をみた。

その日を境に砂浜に線を引くと3種類の線が引けるようになった。「水色」「オレンジ」「黒色」の3種類の線だ。その色合いはとても淡くて僕にしか見えないみたいだ。試しに弟に「見えるか?」と聞いてみたら「何が?」と言われた。

何日か練習しているうちに、この3種類の色の出し方のコツがわかった。普段は僕の体から「オレンジ」が出る。そして、ちょっと調節して力を倍くらいにして描くと「黒色」そして悲しみの感情を混ぜて描くと「水色」になった。

でも色がついている線を描いていると、とても喉が渇いてきて、たくさんの水を飲まなくてはやっていられないこともわかった。そして水を飲み終わると食事の時間さえ忘れて深い眠りについた。背中が妙に痛かったが水を大量に飲んだせいだと思っていた。

「黒色」は、すべてのことを遮断が出来た。「オレンジ」は、相手の感情が文字化して伝わってきた。「水色」はそれに接した人の大雑把な未来が画像として伝わってきた。大変疲れてしまうので、僕は自分の周囲に「黒色」をぐるりと描き続けてその中で引きこもって生きていた。

学校に行った時に、いつも無機質な授業しかしない学校の先生の心が覗いてみたくて授業中に「オレンジ」を使ってみた。するとそこにはおぞましいの憎しみの言葉が生徒に向かって叩きつけられているのを見て心底驚いた。彼は正常な人間ではなかった。

僕は「オレンジ」を使って彼女の心を文字化してみた。そんなに好きではないけど、一人でいるよりはずっとマシだから、一緒にいてやるか。という文字が細く長く何度も僕に向かって伸びてきた。僕も薄々気がついていたので、決心して別れて自由になった。

「水色」を使い過ぎると頭がおかしくなりそうだったので、長い事封印していた。だけど唯一僕の秘密を知っている隣のばあちゃんが「寿命がいつ尽きるのか教えろ」と言ってきたので、最後だと念をおしてばあちゃんに使った。それ以来使っていない。

ばあちゃんは別に何をするわけでもなく、普通に過ごして煙草を吸っていた。もうそろそろという時になっても贅沢するわけではなかった。「ばあちゃん、良いのか?」と聞いても、もう僕のことなんか眼中になく過去の世界に浸っているように笑っていた。

ある時僕の大事な空間に女の子が乗り込んできた。「自分のやっていることがわかっているの?」と、全てを知っているかのような勢いで胸ぐらを掴んで詰め寄ってきた。僕には抵抗する術がなかった。さらにはそのエネルギーも残ってなかった。

その時には「黒色」しか使っていなかったのだが、すべての線を封印されてしまった。お尻の肉の一部となって僕に寄生していた海で拾った貝殻も蹴り潰されてしまった。蹴られたところが1週間くらい痛かったが、不思議なくらい何も残らなかった。

その子とはそれからずっと付き合いがあるが、不思議なくらい何も感じない。キスをしたり、体を重ねたりもするが定期的に検査にくるような意味合いらしいのだ。僕は何に監視されているのだろうか?この部分は僕の世界を超えているのでわからない。

でも、最近そういう「線」を書いている子をよく見かける。僕が注意すればいいのだろうか。注意しないと数年も経たないうちに寿命が尽きてしまうのに、何も知らずに「水色」を無尽蔵に書き続ける子になんと諭したらいいんだろうか。

もう少しでこの世界の仕組みがわかりそうなところまで来た。
もう少しで謎が解き明かせるところまで来た。そこは実感しているので努力したい。
そうなった時に自分は何をするのか、そこも分かると思う。