読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の頭の中~文房具ライターの秘密~

文房具ライター:猪口文啓の頭の中(考えたこと、考えていたこと、秘密にしていたことを紹介します)

蛹(さなぎ)の頃の記憶

f:id:fumihiro1192:20161210073604j:plain

 

気がつくと無性にお腹が空いていて、目の前のモノをひたすら食べていた。好きなものを食べると良いと教えてくれる人もいれば、バランスよく色々食べなさいと教えてくれる人もいた。僕は何を食べても大差はないと思っていた。

 

そのうちに体が大きくなってきて、食べることにも疲れてきた。周囲の仲間も同じような感じだ。ただし、この頃になると体格差は歴然としていきていて、そもそも食べることの嫌いな子は見た目も小さかった。僕も平均より小さかった。

 

僕たちは「蛹(さなぎ)」になる準備を始めた。ここに生まれた限りは、蛹になって成虫になり、この国の役に立つことが当然の任務なのだとよく見える大きな看板に書いてある。どうやらそういう宿命みたいなのだ。本当か?

 

蛹になるということは意外に簡単だ。それぞれの部屋に入り、自分の体を溶かして部品を作り、組み立て直せばいいだけだ。その部屋には「設計図」も置いてあるので、安心この上ない。さらには、わからなくなったら係りの人を呼べば良い。

 

その部屋は半透明で周囲の部屋の様子もうかがえる。みんな設計図を信じて、一心不乱に作業している。誰も信じて疑わず、時間だけが過ぎていく。不器用な僕は部品をいくつか失くしたが、探すのも面倒だったのでそのまま完成させた。

 

ほぼ2年くらいかかって、形が整ってきた頃に扉のドアがあいた。みんなぞろぞろと出てきたら、「蝶(ちょう)」になっていた。でも、誰が誰なのか区別もつかないほど見た目が同じの蝶になって集団を組んで飛び立っていった。

 

僕はいくつもの部品が欠落していたので、飛べなかった。歩いて集合場所までたどり着き、周囲の「蝶」にヒアリングすると「本当に幸せだ」と口を揃えて主張する。「おまえは大丈夫なのか?」と気の毒そうに僕を眺めている。

 

僕は社会から「不良品」というシールを貼られた。でも、貼られてしまうと自由だった。みんなから役立たずとか、ちゃんとやれとか罵られたけど、結局「自由」が待っていた。それは政府の影に怯えることなく生きて行く「自由」だった。

 

あのときに「設計図」の通り組み立てしていたら、僕も普通の規格品になっていただろう。不器用で組み立て出来なかっただけで、そこからはみ出せて良かった。あの部屋に入れられてしまっては、絶対に気がつけない秘密があるのだ。

 

  1. 友達に相談して、その助言通りに行動しない。まだ見えてないから。
  2. 「設計図」は目の前に置いてあるが、やすやすと信じてはいけない。
  3. 自分の直感を大事にして生きること。その他多勢にならないこと。

 

まだまだ秘密があるのだが・・・社会が崩壊してしまうので、教えてはもらえない。でも、そこにこそ「真理」がある。僕たちがキラキラ輝いて生きるための秘密があるのだ。それを解き明かして、人生が始まる。

 

もうすっかりと忘れてしまったかもしれないが、蛹の頃の記憶を思い出そう。そこにすべての謎をとく鍵がある。そしてもう一度そこに戻れば、生まれ変わることも可能なのだ。

 

今日の話は、ここでおしまいです(*^o^*)楽しめましたか?

 

 

合わせて読みたいブログ記事。

 

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

 

「眼」を見れば、相手のほとんどの情報は入ります!

f:id:fumihiro1192:20161127182641j:plain

 

小学校の同じクラスの女の子に、すごい「眼力」を持っている娘がいた。その眼差しは強烈でどこにいても、僕の張りぼての存在を見抜いているようで怖かった。やがて、幸いなことにその娘は北海道に転向していった。平穏な日々がやってきた。

 

でも、中学になると1つ上の先輩にその眼を持っている娘がいた。全校集会とかで会うと、僕は動けなくなってしまった。その娘も動かなかった。でも、その頃には僕も相手のことが分かるようになっていた。そう、その眼を僕も持っていたのだ。

 

その眼の娘に会うことは少ない。長い人生でも5人くらいしか会ったことがない。けど、会えばすぐわかる。その娘は「僕」なのだから。不思議なことに男にはいない。単純に「恋愛」なのかと思ったが、そういうわけではないみたいだ。

 

誰にでも「能力」がある。念力とかそんな世界ではなくて、与えられた不思議な力を持って生まれてきているのだ。それは「鳥」の力だったり、「磁石」の力だったり、「バネ」みたいな力だったりする。みんな多少は自覚して生きている。

 

僕たちが持っている「眼」で社会をゆっくりと見ると、苦しみや悲しみ、そして葛藤(かっとう)が見て取れる。そうやって、絡み合って、擦れあって、世界は成立している。まさに動的平衡の世界そのものである。

 

数年前もその眼を持った娘に会った。僕が信号待ちしていると、その娘は隣の車からこっちを見ていた。前から気になっていたけど、間違いなくその眼だった。僕もいい年齢になっていたので、その内容が解けるように理解できた。

 

そんなことを考えていて疲れないのか?と言われるだろうが、僕は全く疲れない。そういうパラレルな世界をいくつか抱えながら生きている。そうでなくては説明のつかない事象がたくさんある。逆にどうしてそんなに割り切れるのか知りたい。

 

周囲の人がどんな「眼」で自分を見てくるのか意識しよう。そしてその「眼」から相手を知ろう。同じ種族を見つけよう。信頼できる同士を探そう。たったそれだけの「眼」というヒントだけで見つかる世界がある。大事なことだ。

 

面接して受け答えした内容よりも、テストの点数よりも、「眼」を見て相手が信頼できる相手かどうかを見極めよう。もちろん家族だって恋人だって、そのフィルターにかける必要がある。そのフィルターは人生のアンテナになる。

 

理解できない人には意味不明だと思うけど、岐路に立って苦しんでいる人には役にたつ話だと思う。是非是非、相手の「眼」をみて自分のフィルターで見極める訓練をしてほしい。早めの失敗が将来の大怪我を防いでくれるので、失敗もいい。

 

今日のお話は以上で終わります。あくまで参考にしてくださいね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

 

合わせて読みたいブログ記事。

 

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

 

『本当の自分』を探す旅から帰ってきて、見つけたこと。

f:id:fumihiro1192:20161123212244j:plain

 

『本当の自分』を探す旅をして、帰ってきました。

 

僕の友達も『本当の自分』を探す為に、会社を辞めたり、夜遅くまでお酒を飲んだり、友達に彼女を紹介してもらったりしていました。僕は少し路線が違いましたが、ほぼ同じ時期に旅をする決意をして、最近帰ってきたのです。

 

答えは見つかりませんでした。

 

今は忙しく来年のプロジェクトの成功を夢見て、複数のスタッフと毎日遅くまで働いています。なかなか休みが取れないけど、充実した毎日です。上司にも恵まれて、会社に行くことが嫌だと思ったことはありません。これも『本当の自分』

 

隣の扉を開けると、窓の外は一面の雪景色。暖炉のパチパチと言う音が聞こえるくらいで、他には何もありません。隣には、最近寝てばかりいる犬がいるだけ。読みかけの本をもう一度開くのもおっくうなくらいの時間。これも『本当の自分』

 

また、隣の扉を開けるとここは京都なのだろうか。緩やかな坂道を、子供達を誘導して歩いてます。そうだ、今日は写生大会で河原の風景をモチーフに担当のクラスの子供達を目的地まで連れて行かなくてはならない。これも『本当の自分』

 

さらに隣の扉を開けると、大声をあげて僕は怒っている。周囲も負けずに怒っている。何か巨大な建築物に向かって、そのもの自体に溢れる怒りをぶつけている。いったい何があったのだろうか、わからない。でも、これも『本当の自分』

 

そんなのだ。どんな環境で、どんな役割を背負わされても『本当の自分』なのだ。

 

ただ、わかっているのは『本当の自分』ではないというときの『自分』は、とても卑怯者で、はっきり意見を言えずにその場を見過ごした『自分』に怒っているのだ。『自分』でどうにでも出来たはずなのに、バカみたいだ。

 

『本当の自分』を探す旅をして、帰ってきました。

 

でも、周囲の人も含めて、起こるすべての事象も、すべてが『本当の自分』

 

 

 

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

 

ダイエットに成功するために必要なことは「記録」です!

f:id:fumihiro1192:20161120133944j:plain

 

「どうしてそんなに簡単に、痩せたり太ったり出来るの?」という質問をされました。一度ダイエットに成功した人ならば簡単なことなのですが、そうでない人にとっては不思議なことらしいです。すぐ真似出来る訳ではないですが、その秘密を公開しますね。

 

その秘密はとっても簡単なことなのです。ダイエットが「快感」になるようにしてやれば良いだけなのです。その「快感」に結びつく方法は人によって違うので、自己分析をしてから取り組むと良いと思います。これは目標管理全般に使える凄い技です。

 

僕の場合、11月末に目標を置いて現在ダイエット中です。とっても苦しい毎日が続いているかと思いきや、あまり苦にならないような体質になってきちゃいました。ここまで来るのに1ヶ月かかっているので、努力のたまものだと自慢して良いはずです。

 

ついに今朝の計測で、体重が64キロ代に突入しました!これは近年達成出来なかった数字で、自分でも満足しています。昨年のダイエットでも65キロ止まりだったので、月末までにもう一押しできたら念願の63キロも見えてくるかも。楽しみです。

 

それではその秘密の公開をさせていただきます。「そんな簡単なことか!」と、怒らずに最後までお付き合いのほど宜しくお願いいたします。

 

基本は「記録」に尽きます。

 

僕は自分で言うのも何なんですが、かなり真面目な性格です。目標を設定したら、何とか達成しなくてはと思い努力する真面目な人間です。そこを利用しない手はないので、僕は毎日体重記録をつけてパソコンの画面でグラフ化して監視しています。

 

一番この「記録」という行為で大きいのは、間食しなくなるということ。ちょっと前まで小腹が空くとポテチやドーナツを食べていた僕が一切間食をしなくなりました。ここが一番大きいみたいな気がします。僕の場合、間食が太っている原因だったみたい。

 

もう少し踏み込んで、何を食べたかとどんな運動をしたかを「記録」すれば、インプットとアウトプットがわかります。そのバランスを分析して、方向を決めてやればいいんですよね。基本は、ちゃんと記録することです。

 

そしてやれる方法でやりとげる!

 

僕の場合、記録して毎日グラフをみていると「緊張感」が生まれて、それが「責任感」に変わります(笑)ちょっと大げさですが、明日の目盛りが今日より上にいかないように何とか努力しようと思うんです。そうすると間食する手が止まります。

 

ここは個人差がありますから、自分の出来ることや得意なことを探しましょう。映画が好きな人はそれをご褒美に、アイドルが好きな人、旅が好きな人・・・自分なりのご褒美が必要です。でも、ご褒美で食べちゃうのだけ気をつけてくださいね(笑)

 

この方法は何にでも使えます。ぜひ、お試しください。

 

 

合わせて読みたい「文房具」ブログ記事。

 

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

 

 

「幸せな人」は、どこにいても幸せです。そうでない人も、同じです。

f:id:fumihiro1192:20161106194449j:plain

 

幸せな人は、どこにいてもどんな境遇に遭っても「幸せ」です。そして、そうでない人は、どんなにあがいても「不幸せ」。この違いは一体どこからくるのでしょうか?この謎を解き明かせば、「幸せ」のメカニズムがわかると思われます。

 

そのメカニズムがわかれば、ある程度自分で「幸せ」のコントロールが出来るようになるはずなので、みんなの「幸せ」度合いが変わってくるのではないかと考えています。こんな簡単なことなのに、なかなか辿りつかないのは何でなのでしょう?

 

今日はこの問題について考えてみることにします。

 

 

僕はどうして「幸せ」なのか?

 

簡単に考えてみると、どうして僕は「幸せ」なんだろうか?まず、ここから始めたいと思います。ある程度の幸運もありますが、一定レベルの生活をさせてもらっていて「満足」しているからそう感じているのだということがわかります。

 

同じ境遇でも「満足」さえすれば「幸せ」につながります。「満足」のハードルが低ければ低いほど「幸せ」に近づくということがよくわかります。簡単に事例をあげると、1日500円の生活費でも「満足」すればそこに「幸せ」が生まれます。

 

やたら周囲と比較して、自分で勝手に決め込んだ基準と比較して、「私は全然ダメ」と決めてしまう人が多いですが。そういう人は益々「満足」から遠ざかってしまうので、永遠に「幸せ」にたどり着くことが出来ません。これは辛いですよ。

 

 

「幸せ」の定義付けと見直しが必要だ。

 

何が「幸せ」で、何が「不幸」なのか決めておきましょう!ここ大事です。

 

例えば「お金はあればあるほど良い!」みたいな定義付けだと、一生不安と戦い続けなくてはなりません。きりがないからです。10億円持っていても、それでは飽き足らず運用の利益がどうなっているのか心配で眠れないのと同じです。

 

あなたの「幸せ」は一体何ですか?

 

「家族と過ごす時間」「結婚すること」「子供を産むこと」「お金を貯めること」色々あると思いますが、そういうことが目標になると、いつかプツンと切れてしまいそうな不安感はありますね。やはり自分と向き合うことが大事です。

 

楽しく元気に生きて行くためには何を目標にしたらいいんでしょうか?

 

やはり「自分」と戦うしかなさそうですね。

ここの部分は追々向き合っていきましょう。

 

 

合わせて読みたい「僕の頭の中」のブログ記事。

 

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

 

正解はない、迷いながら生きて行く。

f:id:fumihiro1192:20161009145428j:plain

 

最近「そんなに頑張らない方がいいよ」と周囲の人に言い続けている。そんな風に言われた人の反応は「あなたはいいけど、私は頑張らないといけない時期なのよ」とか「頑張りたくないけど、やるしかないの。仕方ないでしょ」と反論される。

 

ここの部分は、なんとなくであるが「日本の教育」が悪いように感じる。社会を形成する上では必要条件なのかも知れないが、頑張ることや規律を乱さないことが美徳であるという意識が底辺にこびりついてしまっているみたいだ。もちろん僕もそうだ。

 

頑張っていないといけない気がする。予定がないとつまらない人間のような気がする。さらには仕事がないとダメな人間のような気がする。僕でさえ恐ろしいほどの強迫観念が生きているだけなのにつきまとってくるのだ。恐ろしいことだ。

 

もっと肩の力を抜かなければ、最後までもたないであろう。マラソンを走っている途中で座りこまないように、力をセーブするしかないと僕は改めて感じた。走っている僕ではあるが、座り込んでいる僕も許してあげられる大きな人間になりたい!

 

 

「言葉を食べて力となす」林家正蔵師匠の言葉

 

何度も、何十年も高座に上がっていても緊張する。まるで駆け出しの前座のようにドキドキと胸が高鳴るのだ。悩み、苦しみ、気弱になる。ここは性分だからしかたがない。そんな時は「人の言葉」が何よりもの道標になる。

 

あれほどの技を持った落語の師匠でさえ緊張するのかと、新聞記事についていたコラムを読んで驚いた。そうであるなら、僕たちのような人間は緊張して当たり前ではないか。もっと言えば失敗して当たり前ではないかと考えた。

 

師匠は「言葉を食べて力となす」と揶揄してみえたが、我々のような凡人なら100点満点どころか60点くらいで十分なのではないだろうか。僕たちは「本当にこれでいいのか」とビクビク怯えながら生きて、死んでいくのではないだろうか?

 

 

心にも「オートファジー(自食作用)」が必要なのだ。

 

もう一つ最近新聞を賑わしているノーベル賞を受賞した「オートファジー」。細胞が不要になった細胞を自食することを証明したものだ。細胞がこうであるならば、僕は心にもこの作用が必要ではないかと考えた。

 

何かを飲み込んだり、飲み込まれたり、破壊されたり、再生したり。何が「正しい」とか「正しくない」とかもない。さらには「こうあるべき」という確固たるものもない。僕たちはいつでも迷いながら生きているのだ。

 

正解などなくて良いようにさえ思えてきた。それで良いのかもしれない。

 

 

合わせて読みたいブログ記事。

 

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp

fumihiro1192.hatenablog.jp